2018年6月7日木曜日

『一夜限りの傑作ロシア映画ナイト!』第9回☆

第9回目を迎えます、
『一夜限りの傑作ロシア映画ナイト!』。
今回はソ連の伝説的シンガーソングライター、
ウラジーミル・ヴィソツキーをめぐる
話題の作品の上映会です!
ソ連、ロシア映画に興味のある方のみならず、
ヴィソツキーの独特のだみ声と、
がなるような迫力ある歌声を堪能したい方にも
おすすめの作品です。

一夜限りの傑作ロシア映画ナイト!第9回
『ヴィソツキー、生きていてくれてありがとう』
6月30日(土)
Open:18:00、Start:19:00
場所:高円寺パンディット
JR中央線高円寺駅徒歩5分(北中通り商店街)
前売り¥1500 / 当日¥1800

*入場時に1ドリンクご注文下さい。
お問い合わせ:090−2588−9905(担当:奥野)

日本の商業施設ではまだ一度も公開されてない
ロシア映画の傑作を日本語字幕付きで紹介するイベント。
高円寺パンディットにて一度限りの上映会です。
この機会をお見逃しなく!

【作品について】
息子のニキータがシナリオを手掛けた
ヴィソツキーの人生の実際の出来事に基づいた物語。
本人に瓜二つと称され大きな話題となった
俳優の演技も見どころの一つ。
(2011年)
監督:ピョートル・ブスロフ

0 件のコメント: