2018年5月25日金曜日

エレーナ・ウバロワさんのグリーティングカード☆

パルクのショップカードをデザインしていただいた
エレーナ・ウバロワさんのカードが入荷しました♪

春夏シリーズの新作は家族でピクニック☆

そして・・・
マトリョーシカ・シリーズはどんどん増殖しています!
マトリョーシカを描くのは好きでないと言っていたので
「どうしちゃったの?」と心境の変化を聞いてみました。
元々、衣装デザインを手掛けていたエレーナさんは
ロシア的な民族衣装や柄にとっても精通しています。
展示会などでマトリョーシカ・シリーズが好評なのと
お人形さんのような形が決まっていることで
逆にどんどん衣装デザインが湧いて来るようになり、
新作を描くのが楽しいんだそうです。
それにしても、どのコもかわいいですね~☆

2018年5月24日木曜日

買い付けの旅☆ペテルブルグ②マリーナさん

今回初めてお会いしたペテルブルグ在住アーティスト、
マリーナ・ロモジナさん。
おかげさまでマトリョーシカや起き上がりこぼしなどの
作品がご好評いただいております。
2月に双子ちゃんを産んだばかりと言うことで
ご自宅にご招待いただきました。
演劇活動の中で出会ったご主人ともモスクワの生まれで、
子供のころからの夢だったペテルブルグで暮らし始めて
3年ほどとのこと。
オリジナルの戯曲を書いたり、演じたり、踊ったり、
舞台背景や道具を作ったり・・・
お二人とも演劇に関わるあらゆることに通じているそう。
3歳になる娘さんのために色々とおもちゃを作っていると
友達や知り合いたちから「うちの子にも作って!」と
依頼をうけているうちにマトリョーシカも描くように
なったそうです。

こちらがマリーナさん最初の作品、起き上がりこぼし。
たくさん遊んでもらった様子がうかがえます!

娘さんのためにご主人が作ったトラック。
すごくシンプルな作りなんですけど
子供が乗ってもちゃんとすいすい動くんですよ!

こちらがミーラちゃん。
もちろん、ベッドはパパの手作り♪
モビールはマリーナさんの手作り♪

本格的なチェステーブルも作っちゃいます!

白樺の木片が手に入れば
こんな風に筆立てやコップ、トレーに変身。
ゾウさんの動くおもちゃ、かわいくないですか~!

お部屋の壁はマリーナさんの世界に包まれて。

生まれたばかりの双子ちゃんや
さまざまな楽器を操る音楽家の長男くんもいて
とても賑やかで素敵なご家族です。
なんていうんですかね・・・
居心地のよいカオス、って感じ?
マリーナさんの作品にもにじみ出ていますよね~。

ちょっと早めに最寄り駅についたので
あたりを散策していて見つけたカフェの看板。
ふくよかなマトリョーシカちゃんが
とってもかわいいです。

2018年5月23日水曜日

買付けの旅☆ペテルブルグ①ホテル




今回のペテルブルグ行きは特急「サプサン」号を利用して
約4時間の列車旅。
モスクワに戻る際、早朝の便に乗る予定だったので
移動が楽なように駅周辺で宿泊先を検索したところ、
ちょっと面白いホテルを見つけました。
その名も「銀の時代」。
19世紀前期からのプーシキンやゴーゴリをはじめとして、
その後登場するツルゲーネフ、ドストエフスキー、
レフ・トルストイなどが活躍した時代が
「ロシア文学の黄金時代」と名付けられるのに対し、
一時期のロシア文学界の低迷後、
20世紀初めに現れたブロークやベールイなどが活躍し
再びロシア文学が花開く時代を「銀の時代」といいます。

ペテルブルグの中央駅「モスクワ」から徒歩5分ほど。
お土産物屋さんとカフェの間に見える
居住者用の玄関ドアがホテルへの入り口。

よく見るとホテルのプレートが掛かっています。

玄関ホールはこんな感じ。
ベビーカーが置いてあってほのぼの~。
生活感がハンパないっす(笑)

時代を感じる階段を上って2階へ。

こちらがホテルの入り口です。
各部屋に続く廊下も良い感じでしょ?



お部屋はこじんまりしたシングルルーム。
窓は中庭に面していて中心地のわりに夜は静か。

デスクには手描きお手紙(コピーです)が。
「オシプ・マンデリシュタムよりアンナ・アフマートワへ」
その時代にタイムスリップした気分になります~。

こちらのホテルのウリが、こちら!
宿泊者がいつでも利用できる食堂です。
希望があれば年代物のサモワールも利用可能。
そして左奥に見えるソファは
アフマートワが実際に使っていたといわれるもので
こちらでお会いしたマトリョーシカ作家さんと
きゃっきゃ言いながら写真撮りっこしました。

お菓子や紅茶、コーヒーは飲み放題、食べ放題。
自分の部屋へ持ち込んでもOK!
立地がとても良かったので
街を歩き回って、一度ホテルに戻って休憩しては
次の買い付け場所へGO!と、
今回とても仕事がはかどりました~!

ペテルブルグの中央駅「モスクワ」のコンコース。

ロシアは広い!

サプサン号は乗車時にパスポート提示があり安心、安全。
(テロとか心配ですからね・・・)
飛行機は早くて便利だけど、列車の旅も良かったです!

ちなみに、今回の旅のお伴はこちら。
シニアに上がって初シーズンのモスクワでの印象とか、
いろいろと元気もらいました☆

買付けの旅☆アルハンゲリスク

アルハンゲリスクに行くのは5度目、ということと
4月上旬でそろそろ温かくなり始めるかな~、と
高をくくっていたら、ま~、寒くて、寒くて。
いまいちデジカメを取り出して写真を撮る気になれず・・・
そんなわけで、アルハンゲリスク編は
ちょっとしたスナップショットでお届けいたします。

今回宿泊した「スタリッツァ・パモリヤ」は
セベロ・ドヴィナ川岸に建つこじんまりしたホテル。

すぐ隣には有名な大型ホテルがありますが
こちらにも宿泊した有名人のサインが沢山。

目の前にはセベロ・ドヴィナ川の雄大な景色。
と、思いきや・・・
地図で測った感じで2kmはあろうかという向こう岸へ
人影がポチポチと。

完全に冬季限定の「道」として整備されいます。
この辺りは中洲や半島状の土地が多いのに
それらをつなぐ橋はとても少ないので
北方の人たちにとってこの凍てつく寒さは
生活に便利な面も多くもたらしてくれているようです。

以前宿泊していたホテルよりもちょっとお高めの
このホテルを今回選んだ理由は
民芸品工房まで徒歩で20分くらいで行けるから。
ところが朝起きたらますます雪が積もって、この状態。
結局ホテルで送迎タクシーを呼んでもらうことに。

出張中の宿泊先を選ぶ時は
お値段と利便性を天秤にかけるわけですが、
ちょっとお高めホテルの良いところは
朝食に外れがすくないところ、ですかね。
出張中は大抵お昼を抜くことになるので
一日の栄養源となる朝食はとっても大切なんです。

こちらはオリガ・ザバイキナさん宅。
今回、二番目の娘さんのパートナーが
空港まで迎えに来てくれました。
一人目の娘さんは息子さんと一緒にオリガさんと同居して
主にメゼン塗りを得意として制作活動をしています。
二番目の娘さんはデザイナーとして活躍し
パートナーさんと一緒に主に革細工作品を制作しています。
オリガさん宅にはこの二番目の娘さんが描いた作品が
飾られていました。
植物図鑑にあるような押し花を再現した細やかな画風です。

食堂のライトや時計回りにも彼女の作品が。
こちらはデザイナーらしく
すっきりまとまった、かわいらしいお花のデザイン。
それにしても、皆さん本当にセンスが良いですね~♪

夕方のアルハンゲリスク空港。
空気がきりっとした中、
夕日がとっても鮮やかに輝いていました。

飛び立って3分後くらいには
アルハンゲリスクの町が一望できました。
真っ白な部分は凍ったセベロ・ドヴィナ川。
それにしても、寒そう~!!

2018年5月22日火曜日

ロシア買付の旅☆例のやつからです~

やっと入荷が片付いたと思ったら
6月のあちこちの催事準備が一挙に始まって
もう、ドタバタです~!
この調子だと4月にロシアへ買い付けに行ったことが
記憶の彼方に・・・
ということで、備忘録としてどどどーっと書きますが
お付き合いいただければ幸いです。

まずは恒例の晩酌風景を。
殺風景な仕事終わりの一杯から、お客に招かれた食卓まで、
ビールと共にお楽しみくださいませ。

アルハンゲリスクで宿泊したホテルの
イタリアンカフェにて。
ビールはロシア製じゃないな、たぶん・・・

ペテルブルグのホテルにて。
ペテルブルグの名所、跳ね橋のデザインがかっこいい!

翌日は同じブランドの
地元アイスホッケーチーム「SKA」のオリジナル缶。
お惣菜は近所の外資系スーパー「ストックマン」にて
調達してきました。

モスクワのクラフトビールのお店にて。
なんか・・・濃かった~(笑)

モスクワのホテルにて。
こじんまりした居心地のよいお部屋で一杯!
チキングリルはスーパーのお惣菜。
焼き菓子はいただきものです。

似たような晩酌風景です(笑)
シベリア・コロナとザラターヤ・ボーチカは
裏切らないのよね~。

こちらはバレンチーナ・ダロフェエワさん宅で
ご馳走になった「メドウーハ」というハチミツ酒。
ベリー入りの発泡酒でとっても美味しかったです~☆

マリア・ドミトリエワさん宅ではウォッカを。
グラスはどれもソ連時代のもので
とても優雅な気分を味わいました♪

今回の観劇はなんと、
「アンナカレーニナ」のミュージカル!

今回の出張、最後の晩餐には
アンナ・リャボワさんとご主人に付き合ってもらって
豪華にマトンのシャシュリク!

2018年5月17日木曜日

ロシアの食品が入荷しました☆

ううう…、やっと食器棚の整理ができる状態になりました。
買い付け前にチョコレートなどの食品が
多々品切れ状態になっていて申し訳ありませんでした。
ロシアで定番のあんなものやこんなもの、
たくさん入荷しましたよ~♪

店主がロシア出張時にかならず入手する
ロシアのベリージュース「モルス」。
手軽に天然ベリーのビタミンが取れるので重宝します。
いくつか定番メーカーがありますが
この「ワンダーベリー」シリーズも
ロシアのスーパーでよく見かけるブランド。
今回はカウベリー、クランベリー、ミックスベリーの
3種が入荷しました!

こちらは最近モスクワあたりで見かけるようになった
ハニー・スフレ。
ハチミツを加熱せず一週間かけてホイップし
ふわふわな状態にしたところに
ドライベリーを少しずつ加えた新感覚スイーツです。
ああ、早く試食したいっ♪

こちらも新入荷☆
バレリーナのパッケージでおなじみ
「インスピレーション」シリーズの新作です。
ナッツムースのミニデザートチョコレート。
品切れていた「アリョンカ」ミルクチョコレートも
再入荷しました~♪

「アリョンカ」シリーズのミルクビスケットも新入荷☆
ビタミンとカルシウム、鉄分配合。
ロシアではますます健康志向が高まっています。

2018年5月16日水曜日

ロシアの宇宙飛行士たち☆

細々したものの検品に入りました~☆

「人類初めての宇宙飛行士ーユーリー・ガガーリン」
のシールです♪

小学生向けの学習ノートです☆
「ゲルマン・チトフ」
1961年4月に人類で初めて
ユーリー・ガガーリンが宇宙飛行をした同年8月、
初めて一日以上地球を周回した宇宙飛行士。
「ワレリー・ポリャコフ」
1989年に240日間、1995年に437日間という
宇宙での長期滞在記録保持者として有名。
「アレクセイ・レオーノフ」
1965年、初めて船外に出て宇宙遊泳を行った飛行士。