2020年1月23日木曜日

ロシアのホイップはちみつ NEWフレーバー入荷☆

昨年12月に入荷して以来ご好評いただいてます
モスクワのはちみつブランド「ペローニ」社の
新しいフレーバーが入荷しました!

今回追加して入荷したのはクランベリー、クルミ、
ラズベリー、野イチゴの四種類。
低温かくはんして柔らかく、なめらかにホイップした
中央ロシア産の天然はちみつに
クラッシュしたドライベリーやナッツを
そのままていねいに混ぜ合わせています。

ベリーの持つ天然の色素が見た目にも鮮やかで
ちょこっとしたプレゼントにもステキです♪
そのままデザートとしてはもちろん、
バゲットやクラッカー、パンケーキなどに乗せたり、
ホイップして空気を含ませているので
ヨーグルトやホットミルクにもよく溶けます。

それぞれのベリーやナッツの色が
透明の小瓶にとっても映えておいしそ~☆

輸入元の方から「温めたミルクに加えると
ベリーの酸味が引き立って美味い!」とお聞きしたので
さっそくお家に帰ったら試してみます♪

昨年からご好評をいただいてます菩提樹の花の
ホイップはちみつ。
こちらはアムール川の菩提樹の花を由来としたはちみつを
低温かくはんして柔らかなホイップ状にした
デザートはちみつです。
ミルクキャラメルやバニラを連想させる優しい甘さ。
そのままデザートとしてはもちろん、
コーヒー、紅茶、あるいはパンケーキに添えたり、
アイデア次第で色々とお楽しみいただけます。

2020年1月22日水曜日

ロシア買付けの旅☆セルギエフ・ポサード

昨日は突然お休みしてしまってすみません。
おかげさまで一日寝たら体調がもどってきました。
はー、辛かった・・・

それでは最後にロシア正教の大本山、
セルギエフ・ポサードの美しい鐘楼と教会の写真で
出張レポートを終わりにします~!

今シーズンはロシアに限らず世界的に暖冬ですね。
私がセルギエフ・ポサードを訪れたこの週は
ロシア人もびっくりするくらい急激に気温が下がり
キーンとした空気の中でバレンチーナ・ダロフェエワさんと
修道院の中をゆっくりお散歩しました。

「そうそう、ちょうどお祈りしなきゃいけなかった」と
お目当ての聖像にろうそくをささげるダロフェエワさん。
自分の守護神だったり、親の命日だったり、
旅行に行く娘のためだったり、
教会にはいろいろな”用事”があるのだそう。

2020年1月21日火曜日

本日、お休みさせていただきます

突然のお知らせですみません。
本日、1月21日(火)はお休みさせていただきます。

2020年1月18日土曜日

ロシア買付けの旅☆あちこちでご馳走になりました~

今回の買い付け旅でもあちこちでご馳走になりました。
ロシアでのおもてなしの様子が伝われば何よりです~♪

アルハンゲリスクのザバイキナさん宅でのティータイム。
お気に入りのホールケーキを用意して下さいました。
ロシア人同士だと「これ、どこどこのメーカーよね」とか
「これ、新作?どこで買ったの?」とか
このタイプのケーキでひと盛り上がりするシーンに
何度か出くわしたことがあります。
みなさん、それぞれにお気に入りのケーキがあるみたい。
そして、各取り皿の上でフルーツを添えたり、
手づくりのジャムを添えたりして会話とお茶を楽しみます。

こちらはエレーナ・ウバロワさん宅にて。
出来立てのマッシュルームのスクランブルエッグが
すっごく美味しかったです!
塩、こしょうなどの味付けはしていなくて
上に見える味付けされたいろいろ野菜をからめながら
それぞれ好みの味にします。
黒パンをさっと出す時にはこのカッティングボード。
裏(表?)にはエレーナさんの絵が描いてあって
キッチンを彩っています。

お店を始めたころからお世話になっている紳士宅での
ステキなティータイム。
ソ連デザインを代表するでっかいアパートの一室で、
おじゃまするのは二度目です。
家具、調度品もソ連時代にタイムスリップしたみたいで
なんとも落ち着くひとときでした♪

こちらも何度かおじゃましてます
セルギエフ・ポサードの隣町、ホチコヴォの
アーティスト一家でのランチタイム。
昨年、娘さんの一人が大きなコンクールで賞を取り、
そのテーマがなんとも幻想的なオリエンタリズムな絵。
日本や中国、タイ、ベトナムなどのミクスチャーで
鎧姿の侍、っていうか、落ち武者?みたいなヒトが
描かれていたり。
そんなわけで、お土産のこけしのボトル用風呂敷も
すっごく喜んでくれました。

お食事の後はコンポートを飲んだり、
冷凍しておいた手作りフレッシュジャムをお茶請けに
ながなが~とティータイム♪

こちらはドミトリエフ家のおもてなし料理。
手づくりのペリメニが美味しかった~☆
マリア+エレーナ姉妹は
あのスマートな体型からは想像しにくいのですが
実はちょこちょこ、いっぱい食べる派の
意外に(自称)大食いなんです。
昔、ペリメニは冬場にたくさん作って
窓の外に置いておいて冷凍保存していた、と
聞いたことがあるのですが
ドミトリエフ家でも木造一軒家に住んでいたころに
丸太壁の隙間にペリメニを保存していたそうです。
で、子どもの頃の大食い姉妹はお腹がすくと
この冷凍ペリメニをなんとつまみ食いしていたそう!
冷凍とは言え、肉、生ですよ(笑)
本当にドミトリエフ家はいつも楽しい話題で一杯です。

2020年1月17日金曜日

ロシア買付けの旅☆モスクワのホテル

特にモスクワはじわじわ宿泊料金が上がっていて
行くたびに宿泊先を選ぶのに苦労してます。
最近では手ごろなお値段で泊まることができる
ホステルタイプの宿泊施設が増えていて
「えっ?こんなところに?」とびっくりするほど
すごく便利な場所にちょこちょこあるんですけど
荷物を広げて、梱包して、という仕事があるので
4人部屋とか6人部屋だと
仕入れの旅には使いづらいんですよね~。
で、いろいろ細かく調べてみると
お高めホテルが週末にかなーりお安くなっていたり、
オフシーズンにお手頃価格になっていたりして、
従来の宿泊施設も柔軟に対応しているのに気づき、
最近は買い付けスケジュールの都合に合わせて
宿泊先を検討するのも楽しみの一つ。

で、今回利用したのがコチラ。
地下鉄「パルク・クリトゥーリ」駅から徒歩5分ほど、
「アンバサドーリ」というグルジアをテーマにした
ちょい良い目のホテルです。

壁面にもグルジアのお庭の風景が描かれ
前から「素敵だな~」と思っていたんです♪

一番下のカテゴリーでも十分な広さとサービス。
週末価格ということで普段の約半額でした。
都内のビジネスホテル価格、って感じですかね。




で、このホテルの売りがこの朝食サービスです☆
夜はグルジア料理のレストランとして営業しているので
とにかくどの一品も美味しい♪



とくに、毎朝作り立てを用意しているという
10種ほどのスイーツがたまりません!
そんなに甘いものが得意ではない私でも
朝からテンション上がりました~♪

 

レストランの入り口もグルジア感満載☆

2020年1月16日木曜日

ロシア買付けの旅☆シェレメチエヴォ空港ターミナルB

今回、モスクワからアルハンゲリスクへ行く国内線は
2018年に完成したターミナルBから出発。
アエロフロート航空のモスクワ=成田線が発着する
ターミナルDからは地下モノレールでつながっています。

飛行機の格納庫をテーマに
ソ連アバンギャルドデザインで設計された
広々としたターミナルです!




そこかしこに「それ」っぽいデザインが!




実は、春の買付けでトムスクへ行く際、
ターミナルB発着と予約シートに書いてあったので
一度このターミナルに来ていたんです。
で、カウンターで搭乗手続きして
さて、搭乗口へ向かおうとしたら
搭乗券をかざしてチェックを受ける入り口で
「ビー」とはじかれてしまって入場できません。
よく見たらターミナルDの出発になってるじゃ
ないですか!
搭乗券を発券するときにひとこと言ってくれても
良いじゃないですか・・・
みなさんもお気をつけくださいね~

どこに行っても「今年はリンゴが豊作でね~」と
あちこちでご馳走になったんですけど、
機内食のデザートはまさかのまるごとリンゴ。
機内全体がフレッシュな香りに包まれて
意外と悪くなかったりして(笑)

ロシア買付けの旅☆アルハンゲリスク

アルハンゲリスクへ行くのは今回で6回目。
ということで、ちょこっと気になったことだけ。

気になったこととは、
4度目の利用となる「ドビナホテル」のカフェが
大規模リニューアルしていたこと!
すぐ横にあった寿司カフェを改造してホテルの設備となり
朝食もこちらでいただけるようになりました。

落ち着いていて、とってもいい感じ!


どのメニューもとっても美味しかったです。

とくに嬉しかったのは
パンやスイーツ系ピロシキが数種用意されていて
小ぶりなのでちょっとずつ、いろいろ食べれること。


実は、以前はホテルの横に大規模なスーパーがあって
晩酌に困らなかったんですけど
いつの間にかなくなっちゃってまして。
そんなわけでビールを買うのにも一苦労して
今回はロビーバーでナッツをつまみに一杯したわけですが、
夕食替わりにしては物足りなく。
で、この小さ目ピロシキをこっそり部屋に持ってきておいて
お腹を満たした、というわけです。
ホテルの周りにはカフェやレストラン、バーが沢山あるので
一人でお店に入れれば何の不便もないんですけどねぇ。

ちなみに今回のお部屋はこんな感じ。
買い付けたマトリョーシカや民芸品を
ベットの上に広げて、梱包して、荷造りします。

今回のアルハンゲリスク滞在は
ちょうど気候の変わる境目のときで
とにかく風がすごかった!