2020年2月22日土曜日

オリガ・ズベレワさんのマスコット☆

今日はセルギエフ・ポサード在住のマトリョーシカ作家、
オリガ・ズベレワさんの作品をご紹介します!
オリガさんご本人にご興味がある方は
ぜひこちらのブログをご覧くださいね~!
2019年1月11日付けパルクのブログ

オリガさんは、マトリョーシカが生まれた
100年ほど前にも使われていた素材を使用することを
意識して作品製作しています。
特に特徴的なのは、蜜蝋でワックスがけすることで
シンプルで素朴な風合いが生み出されます。

たくさんのマスコットの中から
ご許可を頂いて店主が選ばせてもらった
特製チェブラーシカセット☆

収納するとこんな感じ。
エッグ型の中におもちゃがたくさん詰まっています!


2020年2月21日金曜日

エレーナ・ドミトリエワさんのマトリョーシカ☆

今日はマリアさんの妹、エレーナさんの作品を
ご紹介します!

3個組のマトリョーシカ。
二つとも、一番大きいコがマトリョーシカを描いてます♪

とっても小さな5個組マトリョーシカ。
エレーナさんの手って、どうなってるんですかね(笑)
ホントちっこくて、繊細な職人技です。

エレーナさんご本人のような
ほんわか笑顔の起き上がりこぼし♪

2020年2月20日木曜日

マリア・ドミトリエワさんのマトリョーシカ☆

今日はちょうどよい曇り空で画像が撮りやすい♪
ということで、先ほどご紹介したアンナさんの長女、
マリアさんのマトリョーシカもご紹介しちゃいますよ~!

現在パルクにある7個組は2018年に製作されました。
このとき、マリアさんは本業が忙しくて
あまりマトリョーシカを描く時間がとれず
忙しい合間を見つけては
私のロシア訪問に間に合うように用意してくれました。
「とにかく描けるのがうれしくて、
たくさん描き込んじゃったわ~☆」との言葉通り
どれも手の込んだ出来上がりになっていますよ!






こちらの5個組は依頼により
展示用に描いたマトリョーシカなので
ちょっとクラシカルな雰囲気になっています。

こちらは昨年春の買い付けで仕入れてきた3個組。

マリアさんのご主人、アレクセイさんも
仕事の合間をぬって
ステキなマトリョーシカを描いてます☆

アンナ・ドミトリエワさんのマトリョーシカ☆

今日はアンナ・ドミトリエワさんのマトリョーシカを
ご紹介します!
アンナさんはセルギエフ・ポサードのおもちゃ工場で
ソビエト各共和国、各地方の民族衣装を着た人形の
衣装デザインをしていました。

そんなわけで、
アンナさんの描く作品の衣装やプラトークは
実際の年代物のデザインを参考にしているので
見ごたえたっぷりなんです!

アンナさんはお花を描くのも大好きで
お花の世話が得意なお友だちが
集合住宅の庭に毎年きれいに咲かせる花々を
作品の中に丁寧にうつしています。

冬季オリンピックが行われた町、ソチに住む
アンナさんの妹さん、
タチアーナ・ボボワさんのマスコットも☆

2020年2月19日水曜日

ラリサ・バビロワさんのマトリョーシカ☆

今日はラリサ・バビロワさんのマトリョーシカを
ご紹介します。
実は今日はラリサさんのお誕生日☆
おめでと~~♪♪♪

アブラムツェヴォの美術学校で細密彫刻を専攻し、
卒業後はグラフィックアートを製作していた
ラリサさんならではの
細かなところまで行き届いたマトリョーシカ。

本当に、どの面を見ても見飽きることがないほど
繊細な世界が描かれています。

2020年2月18日火曜日

バレンチーナ・ダロフェエワさんのマトリョーシカ☆

今日はロシア各地の民族衣装を着た
憂いをおびた表情のマトリョーシカを描く
バレンチーナ・ダロフェエワさんの作品たちを
ご紹介します♪

ふわりと裾がひろがったような形の
5個組マトリョーシカたち。





三角すいの形をしたマトリョーシカは
5個組、3個組、それぞれ一つづつご用意があります。

マグネットに描かれたマトリョーシカたち♪





こちらは豪華な10個組のマトリョーシカ。
他の作家さんにも言えるのですが、3個、5個組と違い
10個組となると良い状態の白木探しも大変なので、
注文がないとなかなか描く機会がありません。
なので10個組以上は特に作家さんのこだわりがつまった
とても貴重な作品なんですよ♪
<ノブゴロド、コストロマ、クルスク、タンボフ、
ソリヴィチェグダ(記載まま)、ガリチ、ボロネジ、
ヴャトカ、ヴォログダ、シンビルスク>

ビーズを使って豪華な髪飾りを表現したり
レースの縁取りや首飾りが細かく描かれています。

もう一つの10個組は赤を基調としたデザイン。
<オロネツ、モスクワ、ウラジーミル、スモレンスク、
ボロネジ、トヴェリ、モスクワ、トゥーラ、ヴォログダ、
シベリア(クラスノヤルスク)>

こちらの髪飾りもぽってり絵の具を盛って
とても丁寧に描かれています。

2020年2月16日日曜日

ナジェージダ・イワンツォワさんのマトリョーシカ☆

今日はナジェージダ・イワンツォワさんの
マトリョーシカをご紹介します。
マトリョーシカのふるさと、セルギエフ・ポサードで
ソビエト時代からマトリョーシカ製作に携わっていて、
いろいろな昔の文献を見せてもらっていると
「あ、これ若い時の私よ」なんてこともしょっちゅう。
ソ連時代のマトリョーシカ工場では
限られた色、デザインの中で仕事していたので
思い通りの作品を描ける今の環境を
とっても楽しみながら作品製作しています。

ピンク系の色味でグジェリをデザインするなんて
本当にアイデアあふれる作家さんです。
10個組って場所とるし・・・という方も多いのですが
23x23㎝のクロスに乗せてもこんな感じ。
意外とコンパクトに並べられますよ!

グジェリらしい青系もパステル調にアレンジすると
とっても可愛い雰囲気になります♪

5個組はあと一つ。


こちらは娘のリューバさんが描いたマスコット。
リューバさんも地元のアートスクールを卒業しています。
どちらかというとクラシックなテーマを好み、
ソビエト時代より以前のマトリョーシカを参考に
オリジナル作品を描いています。

2020年2月15日土曜日

アンナ・リャボワさんのマトリョーシカ☆

ここのところずーっと
お菓子やブルガリア雑貨をご紹介しているせいか
「マトリョーシカはありますか?」とお問い合わせ頂く
ことが続きましたので
今日からたくさんマトリョーシカをご紹介していきます!
まずはアンナ・リャボワさんの作品から~♪

冬をテーマにした10個組のマトリョーシカ。

こちらは昨年アニメーション化50周年を迎えた
「チェブラーシカ」の物語を描いた10個組。

小ぶりな5個組。

こちらもちょこっと飾るのにちょうど良い
小ぶりな3個組。

お菓子やプレゼントを入れてツリーに飾る
ケースオーナメント。
底が安定しているので立てて飾ってもかわいいです☆

木製のベルになっている天使たち♪

ご主人のミーシャさんが耳の加工をしている
オリジナルの3個組ネコマトリョーシカ。

ペイントタイプとウッドバーニングタイプで
こんな風に雰囲気が変わります。

小さい起き上がりこぼしたちも☆

2020年2月14日金曜日

『ブルガリアフェア』トロヤン陶器☆③

パルク店内ではインターネットラジオをかけていて
普段は「アフトラジオ(ドライバーズラジオ)」に
チャンネルを合わせています。
モスクワ時間での時報のお知らせの後、
5分ほどの短いニュースが流れるのですが
毎日コロナウイルス関連の情報が聞こえてきて
ロシアでの関心の高さがうかがえます。
特に横浜に停泊するダイヤモンドプリンセス号には
ロシア国籍の方も乗船していることもあり
話題にのぼることも多々あるので
「日本=感染」という印象が強くなるのでは、と
毎日ひやひや、どきどきしてます。
ロシアのように「シベリア送りだ!」というわけには
なかなかいかないとは思いますが
とりあえず元を閉める意味でも
中国往来の航空便への厳しい対応を早急にして欲しいです。

では、ハナシを変えまして(笑)
トロヤン陶器には基本的に
4つのカラーパターンがあります。
サラダや肉料理、魚料理の盛り付けに丁度良い
中サイズのプレートで見比べてみて下さい。
ペアや揃いでご購入されたいとき、
それぞれのデザインに差し色が入っているので、
例えば黄色と青色という組み合わせや
緑色と茶色という組み合わせにしても
すごくしっくりきますよ~☆

小サイズと中サイズのボウル。

同じカラーでお揃いにしてもステキですが、
色を変えて気分を変えて、料理の色合いに合わせて、
という使い方もおススメです!

天然のみつろうは空気をきれいにするとなんとか…
ということで、ロシア正教の大本山、
セルギエフ・ポサードの修道院で作られた
バラの花束をかたどった
みつろうキャンドルを店内に灯してみました。
天然のみつろうの甘い香りが
店主の大好きなロシアの教会内の香りを思い出させ、
癒されております~♪

2020年2月13日木曜日

『ブルガリアフェア』トロヤン陶器☆②

世界の食、文化、ファッション等を紹介する番組、
NHK総合「世界はほしいモノにあふれてる」。
10月24日に放送された
世界の台所探検 ウィーン・ブルガリア」の回では
クックパッドのバイヤーさんが登場し、
「レシピの買い付け」をご紹介しました。
(店主はちょうどロシアへ買い付けに行ってたので
見逃したのですが・・・)
ヨーロッパでは農業、酪農国として有名なブルガリア、
ヨーグルト、バター、チーズを包んだパンのレシピや
ハーブの生産量ヨーロッパ1位を誇る国ならではの
オリジナルブレンドのハーブを使ったサンドイッチなど
素朴で美味しいお料理が紹介されました。
そんな中で注目されたのが、
お料理を引き立てる器、トロヤン陶器です!
厚手で素朴な焼き物は一つ一つ手作り。
焼きの収縮具合や釉薬の色の出方などにばらつきがあり
まさに一点物の味わいが特徴的です。


ブルガリア産ダマスクローズの花びらジャムを
紅茶に入れて香りを楽しんだり、
お湯で溶いてホットローズウォーターにしたり
甘く芳醇な香りにほっと一息できます♪


こちらは一人前のお料理に丁度良い大きさのギュベジ鍋。
ウィキってみたらギュベジとはトルコ語で「鍋」
という意味だそうです。
トルコやブルガリア、ルーマニアなどの東欧諸国で
総じて肉や野菜をオーブンや直火で煮込んだ
シチュー料理を示すようです。
こちらのブルガリア製トロヤン陶器は
オーブンやレンジ、弱火の直火調理が可能なので
店主は”もう一品”に困ったときに
下茹でしたジャガイモやブロッコリー、トマトなど入れて
ホットサラダにしてとっても重宝してます♪

グリーン系で揃えたトロヤン陶器。
スープ壺、ギュベジ鍋、お皿(小サイズ)、
ボウル(中、小サイズ)とワインカップ。
ワインカップは湯飲みに丁度良いサイズですよ!
ロシアで昔ながらのペチカ(暖炉)で調理した
キノコスープをごちそうになったときにも
ブルガリアのトロヤン陶器のようなスープ壺が。

厚手で保温性の高いスープ壺は時間が経っても熱々。