2018年7月17日火曜日

ブルガリアのダマスクローズ・ジュース☆

しばらく品切れてご迷惑をお掛けしておりました
ブルガリア産ダマスクローズのジュースとジャムが
入荷しました!
夏場は食品の仕入れはいろいろと考えちゃうのですが
冷房の冷気や、強い日差し、
そして汗をかくことでお肌がダメージを受ける季節こそ
必要なのよ~、とのご要望を頂きまして。
体の中から、そしてスプレーやさらさらクリームで
外からもこまめに保湿して暑い夏を乗り切りましょう♪



輸入元さまから教えてもらったローズジュースのかき氷。
パックごと冷凍庫で凍らせ、おろし金でおろすだけで
とってもさっぱりした、見た目も美しいデザートに☆
シャーベットのようにサクッと凍るので
包丁で大き目のキューブ状に切り分け炭酸水を注げば
バラの香りのソーダ水に!

2018年7月12日木曜日

ポストカード・セット☆

珍しいポストカードが入荷しましたのでご紹介します!

モスクワのレフ・トルストイ邸宅博物館で見つけた
ポストカード・セット(10枚入り)です。
トルストイの妻、ソフィアが
領地であるヤースナヤ・ポリャーナの住民たちに
食べれるキノコ、食べれないキノコを
見分けられるようにと描いたスケッチ集だそうです。

アルタイのイラストレーター、
ミラ・ロセンコの描くロシア民芸品シリーズ(6枚セット)。
上左より:
ボレツカヤ塗り、ゴロジェツカヤ塗り、ジョストヴォ塗り
下左より:
ホフロマ塗り、グジェリ陶器、ポルホフ・マイダン
それぞれの特徴的なデザインをとらえて
バレエダンサーのような優雅な動きに擬人化された
ちょっと不思議な作品です♪

買付けの旅☆いろいろ写真撮ってきました

まだ盛り上がりに欠ける4月のモスクワで
それでも何かワールドカップ的なものを・・・と
いろいろ写真撮っておいたのですが
今週末には決勝戦というありさま(笑)
とりあえずちょこっとだけご紹介して、
今年春の買い付け記を締めたいと思います~♪

決勝戦の行われるルジニキ・スタジアムの
地下鉄の最寄り駅「スポルチーブナヤ」。

地下鉄駅の目の前には高架の環状線「ルジニキ」駅。
スタジアムはその向こう側に建っています。
対戦カードも決まって、いよいよ今週末キックオフですね!
個人的にはあっちの方のチームがアレしちゃったので、
こっちのチームを応援してます~。

「ルジニキ」駅を見てみたかったので
今回初めて新環状線を利用してみました。
広々してきれいで、とても快適でした。
ただ、地下鉄に比べてかなり外側を一周するので
一駅一駅が長い・・・
時間に余裕があって、行きたい場所があれば
高い場所からモスクワを観れるので
のんびり観光したい方にはお勧めの移動手段です~。

「ルジニキ」駅ホームから見えるスタジアム。

地下鉄「スポルチーブナヤ」駅の次の駅
「バラビヨーヴィ・ゴルィ(雀が丘)」のホームは
なんと、モスクワ川上にあります。
(出口は両岸にありますよ)
ホーム上では期変わりで展示会が企画されていて、
この時はコーカサスのある共和国の民族衣装や
生活、祭事品が展示されていました。


ホームからはルジニキ・スタジアムが望めます!

2018年7月11日水曜日

買付けの旅☆レフ・トルストイ博物館

先ほどご紹介した「ホテル・グラフスキー」。
グラフとは帝政ロシアの「伯爵」位で
文豪、レフ・トルストイのことを指しています。
このホテルはレフ・トルストイが1882年から1901年まで
家族と暮らした邸宅のお隣にあります。

ホテルから20歩ほど、まさにお隣さんに
「レフ・トルストイ邸宅博物館」があります。

日曜日の開場早々に出かけたところ、
就学前の男の子を連れた若いお父さん、
外国の学生さんのような若い女の子たちなど、
すでにぽつぽつ見学者が。
家族用スペースである1階には普段使いの食堂や
寝室、子ども部屋など。



子供たちが何度も競争しながら上り下りしたという
光のそそぐ階段。
勢いあまって壁にぶつからないように
登ったところのスペースは広めに取ってあるそう。
子供たちの笑い声が今でも聞こえてきそうです!

2階は主にお客様を迎えるスペース。
ピアノホールでダンスをしたり、食事をしたり、
沢山の著名人がレフ・トルストイに会いに来たそう。



2階奥には文豪の書斎が。

普段は質素な暮らしを好んだトルストイ。
お客の多い時などのために用意しておいた
予備の食器庫になんだか人柄がうかがえました。

邸宅の奥には広い庭園が。
4月中旬のモスクワは雪が解けたと思ったら
急に初夏のような温かな日が続き
ぽつぽつと春の花たちが顔を出していました。

お庭の中ほどから邸宅を見たところ。
左の白い建物がホテル・グラフスキーです。
トルストイのお宅にお邪魔したような、
ロシアのビール職人になったような、
どこまでも妄想が広がる楽しい3日間でした♪

買付けの旅☆モスクワのホテル

ひえっ!
名古屋での催事でばたばたしていたのを機に
4月の買い付け記を一か月も放ったままになってました。
これだけは書いておきたい!ってネタが
もう少しだけありますので
備忘録にお付き合いくださいませ。

今回モスクワで2泊だけ宿泊したホテルが
ちょっとおもしろい経歴の建物でしたのでご紹介します!

「ホテル・グラフスキー」の建物は
1866年に建築家グシンにより設計、
1897年に市民技師マルコヴィによって
「19世紀の典型的工場」の一つとして後世に残すよう
モスクワの歴史的中心地ハモブニキ地区に移築されました。
後にハモブニキ地区ビール・蜂蜜酒工場「モスクワ」の
複合設備の一つ、工場で働く人たちの寮として
利用されていました。
工場閉鎖後はしばらく放置されていた建物を
レンガ壁など、当時の素材やインテリアを残しつつ、
ビジネス、観光客のニーズにこたえた現代的なホテルとして
2016年に開業しました。
また、「モスクワ」ブランドは1863年創業の老舗企業で
1902年には皇帝ご用達店を賜る一流巨大メーカーでした。
革命後は国営企業としてビール、アルコール飲料の製造、
また、アルコール禁止運動の時代を経て
クワスやモルスなどのノンアルコール飲料の製造などで
ソ連時代を生き抜いてきました。
ソ連崩壊後の2005年に工場閉鎖に追い込まれましたが
モスクワ郊外に創業した「モスクワ・ビール醸造会社」
によって2012年にブランドが復活、
ここ数年若者の間に広がるビール人気の中でも
ひとランク上の大人ビールとして定着しています。
(「ホテル・グラフスキー」サイト、
「ハモブニキ・ビール工場」ウィキペディアサイトより)

ホテルの入り口は表のレフ・トルストイ通りではなく
中庭側にあるので分かりにくい!

建物の歴史を伝えるレリーフの周りは
あえてレンガをみせるデザインに。

お部屋はこじんまりしたスタンダード・シングル。
最上階の3階は屋根裏気分が味わえます。
天窓からの光がさんさんと入り込みイイ感じ♪
 
シャワールームも天窓で
昼間は電気をつけなくてもよいくらいに明るい!

ロシア滞在の最後の3日間ということで
朝食にちょっと贅沢したかったことも
このホテルを選んだ理由の一つ。


朝からとっても贅沢な気分でした~。

2018年7月10日火曜日

『リトアニア・フェア』ハーブティー入荷☆

『リトアニア・フェア』
☆7月いっぱいまで☆
@パルク店内にて
***************
『キッチュなロシア民芸』
6月28日(木)-7月15日(日)
ラブディエン
東急目黒線「不動前」駅徒歩5分
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ラブディエンさんのご厚意で
7月一杯リトアニア・フェアやらせて頂きます!
こう暑い日が続くと
涼し気なリトアニアの無地の木製品やリネン製品に
心落ち着きます~♪

今日は一年を通してリピートいただくファンも多い
「ETNO」社のナチュラル・ハーブティーをご紹介します。
どのブレンドもそれぞれにファンの方がいらして
体調管理にお役立ていただいています。
店主も暑い日がつづくこの時期は
《ベルベットナイト》をコップ一杯飲んで、
スッキリと胃を温めてから寝ていますよ♪
《エルフィン》
黒パンにも使われる独特な香りが特徴の
キャラウェイシードと
ローズヒップとレモンバームをブレンド。
意外とくせがなくハーブティーが苦手な方にも
喜ばれています。
《ウォームリコレクションズ》
タイムとカモミールのリラックス効果に
疲労回復に役立つペパーミントをブレンド。
《ベルベットナイト》
スッとしたさわやかなペパーミントに
カモミールとラズベリーの葉がアクセント。
ハーブの国、リトアニアでの評価も高く
2005年にはプロダクト・オブ・イヤーに
選ばれた人気のブレンドです。
*通常750円のところ、
フェア期間中は680円でご提供しております!


2018年7月8日日曜日

『夏のユーラシアバザール』@大阪

『リトアニア・フェア』
6月28日(木)-7月15日(日)
@パルク店内にて
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『キッチュなロシア民芸』
同時開催
ラブディエン
東急目黒線「不動前」駅徒歩5分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西日本や東北、北海道など、日本全国で
大雨による大きな被害が出ています。
東京では暑い日が続き、久しぶりのひと雨に
ホッと体を休めたところですので
本当に自然のありがたみと怖さを感じています。
不安や不便の中で過ごされている方々には
少しでも早い日常の回復を祈っております。

さて、来週はユーラシア協会大阪府連にて
恒例の夏のバザールが開催されます。
いよいよサッカーワールドカップ4強が揃い、
優勝争いが繰り広げられる来週。
2018年ロシア大会の思い出になるようなグッズや
人気アニメ「マーシャとクマ」のグッズなど
パルクからは今のロシアが感じられる商品をお届けします。

夏のユーラシアバザール
場所:日本ユーラシア協会大阪府連合会
 地下鉄谷町線、長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅徒歩5分
日にち:7月12日(木)~14日(土)

毎回大人気の物産コーナーに加えて
ロシア料理店オーナーによる
近年大注目のスーパー野菜、ビーツのお話しや
ロシア語講師、タチアーナ先生による
サンクト・ペテルブルグのお話など
参加無料のロシア講座も開催されます。
ぜひ「大阪の中のユーラシア」を楽しんでくださいね♪

文豪、トルストイがモスクワで暮らした
邸宅博物館のオリジナルグッズ。
夏はやっぱりトートバッグですね!






2018年7月7日土曜日

『リトアニア・フェア』陶器のオリジナル作品☆

『リトアニア・フェア』
6月28日(木)-7月15日(日)
@パルク店内にて
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『キッチュなロシア民芸』
同時開催
ラブディエン
東急目黒線「不動前」駅徒歩5分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リトアニアの赤粘土で作られた素焼きのミニチュアハウス。
熟練の職人たちが一つ一つ手作りしています。
ヨーロッパの建築物をモチーフにした様々なお家の中で
キャンドルやお香を焚いて
香りや明かりとともにゆったりした時間をお楽しみください。

森の妖精が住んでいそうなツリーハウス。

中世のお城からは煙がもくもく・・・

ちょこっと開いた入り口と丸窓から漏れる光に
なぜかノスタルジックな気分になります。

かわいいミニチュアハウスたち☆

陶器に釉を施したオーナメント。
焼き物というよりガラスのような繊細な質感で
いくつも開いた丸穴がカラフルに色付けされ
角度によってさまざまな表情を見せてくれます。

イエティ(雪男)のブローチ。
この表情がなんとも・・・(笑)

リトアニアの作家さんの食器も少しだけ。
ぽってりしたガラス釉に
こまかな絵付けがとってもかわいい作品たちです♪

2018年7月6日金曜日

『リトアニア・フェア』木製パズルとバッヂ☆

『リトアニア・フェア』
6月28日(木)-7月15日(日)
@パルク店内にて
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『キッチュなロシア民芸』
同時開催
ラブディエン
東急目黒線「不動前」駅徒歩5分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じく「エトノ・デザイン」制作の
木製パズルとピースを利用したピンバッヂ。

「きゃ~、かわいい!」とあわててピースを外すと
元に戻すのに手こずることに(笑)
ばらす前にちらっと位置を確認しておきましょう。

ヘラジカさんバッジにもポエムが添えてあります。
「ヘラジカはありのままを受け入れるため
両目を開けて生まれてくる
広げた角はみんなとつながろうと伸ばした手のよう
そんなヘラジカのように
ありのままの自分で、心開いてつながってみては」
ってなことが書いてあるような、ないような(笑)
ちょっとしたプレゼントにも良いですね~。

ネコとイヌのバッヂは、どれもコミカルでかわいい☆

『リトアニア・フェア』木製オーナメント☆

『リトアニア・フェア』
6月28日(木)-7月15日(日)
@パルク店内にて
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『キッチュなロシア民芸』
同時開催
ラブディエン
東急目黒線「不動前」駅徒歩5分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は、元デザイナーのご主人と詩人の奥様が作る
不思議カワイイ木製オーナメントをご紹介します。
それぞれのパッケージにはリトアニア語と英語で
オリジナルの詩が添えてあるので
作品の世界観をイメージするのも楽しいですよ~♪

「ハトがごろごろ転がすのは」
「星耳のねこ」
「ユリを育てる馬たち」
「セーターを着たイヌ」
「雨犬」
ふふふ。タイトルだけでも楽しいです!

「のんびり暮らしたいヤツガシラ」
「月のさえずり」
「クルシュー砂州のウサギ」

「仔馬ちゃん、静かに」
「夏至シカのレーリオ」
「羊が夜のまちを飛ぶ」
英語が苦手の上、詩のセンスもなくて・・・(笑)
この他にもたーくさんのデザインのオーナメントが
揃っていますよ!
想像力を膨らませて色々楽しんでみて下さいね~☆

2018年7月5日木曜日

『リトアニア・フェア』木製コースター☆

『リトアニア・フェア』
6月28日(木)-7月15日(日)
@パルク店内にて
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『キッチュなロシア民芸』
同時開催
ラブディエン
東急目黒線「不動前」駅徒歩5分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は店主も毎年買い足して愛用している
木製コースターをご紹介します!

小鳥たちを身近に感じる森の国、リトアニアならではの
かわいいデザイン。

ふくろうは木々に隠れて・・・

蝶とお花のコラボレーション。

シルエットが美しいネコちゃんたち。
窓際に吊るしておくとゆらゆら日差しにゆれて
うっとりしちゃいます!

コースターとしての実用性で選ぶなら
この時期は特に水気を吸ってくれる
木の面が多いものを。

日によって気分を変えて、何枚も揃えたくなる
温もり感じるコースターたちです♪
ちょっとした贈り物にも大人気ですよ!