2013年7月28日日曜日

刺しゅう入りテーブル・センター☆

コットン100%でこの時期さらりとして使い勝手が良い
長~いクロスをご紹介します。

ヤロスラブリ州ペレスラブリ=ザレスキーは
ピョートル一世の時代から修道院で使われる
金の刺繍で有名でした。
帝政ロシア時代には機械を取り入れた近代的な
刺しゅう工場がこの地に創設され
ロシアのみならず世界的にも名声を博しました。
ソ連時代の1917年に「ノーヴィ・ミール」工場として編成され
その名と伝統を今も受け継いでいます。

横長クロスの両端に刺しゅうが入っています。

左から
赤いデザイン:180x42cm
ピンクのイチゴ:147x45cm
赤いバラ:168x42cm

0 件のコメント: