2020年10月18日日曜日

『まほうの木』入荷しました☆

とーっても珍しいことに
ロシアの現代児童文学の新作絵本が出版されました!
お話しは、ロシアの子供たちから絶大な人気を誇る
アンドレイ・ウサチョフ、
挿絵は2018年国際アンデルセン賞受賞アーティスト
イーゴリ・オレイニコフが手掛ける
ちょっと幻想的で、どこか現実的な不思議な世界。

実は以前、ロシアの児童文学の翻訳サークルに所属し
ウサチョフ作品にトライしたことがあるのですが
ロシア語で読むとすごくテンポが良くて面白いのに
私が日本語にするとぜんぜん韻がふめなくて
妙に説明くさく、大失敗したトラウマが・・・
訳者の藤原潤子さんの思い入れの深い作品とのことで
この訳がまた、良いんですよ~♪
かなが多く、漢字にはるびがふってあるので
子供たちには声に出して読んでもらいたいですし、
小さなお子さんにはお父さん、お母さんや
まわりの大人が声に出して読んであげてみて下さい。
そして、オレイニコフの絵がまた、すごく良くてですね。
どのページも絵になるのですが、
特に表紙のペンギンたちはお部屋に飾っても素敵なので
大人のプレゼントとしてもおススメです!

「地球から、ずーっとずーっと
遠くにあるわく星"O"。
ねがいをなんでもかなえてくれる
「まほうの木」があるんだって。
どんな星かな?いってみよう!」


絵本を出版するのは初の試みとなる東洋書店新社さん。
ついでといってはなんですが
以前から気になっていたこちらの本も
取り扱わせて頂くことになりました。
ちょうど先週、ロシアのお友だちがノルシュテイン氏の
ワークショップの映像を教えてくれて
どはまり中だったので、ナイスタイミング!


1 件のコメント:

Unknown さんのコメント...

パルクさま、初めまして。この絵本の訳者の藤原潤子です。絵本を紹介していただき、ありがとうございました!! こんなかわいい雑貨屋さんにも置いていただけるなんて光栄です。またそのうち、東京に行く時にはお邪魔しますね。