2013年3月7日木曜日

ソ連時代の琥珀アクセサリー②

今日は大粒のブローチたちをご紹介します。
お預かりしたコレクターの方は
ほとんどの琥珀を当時の芸術家サロンで収集されました。
特にブローチはシルバーなどで装飾を施し
芸術家の腕とセンスの見せどころ、といった
アクセサリーになっています。

金属的な枠の中に数千万年をかけて化石化した
琥珀を配置している武骨なデザインは
とてもソ連時代らしいイメージだな~と思います。


お手軽なお値段で
繊細な曲線がかわいらしいブローチも☆

この琥珀の粒の大きさ!
周りのシルバー細工が女性的な印象を
アップしてくれています。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

近頃はブローチをしている女性が少なくなりましたね。幼いころ、正装した母が必ず左の襟にブローチしていたのが思い出されます。まぶしかったです。

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

匿名さま
そうですね。
アクセサリーなどで雰囲気を作る本当のおしゃれさんは少なくなったかもしれないですね。