2015年1月25日日曜日

『ロシアキルトの世界展』@河口湖

昨日はお店をお休みさせていただき
『ロシアフェア~ロシアキルトの世界展』を観に
河口湖オルゴールの森に行ってきました。

ロシアフェア~ロシアキルトの世界
開催日:1月24日(土)~2月9日(日)
場所:河口湖オルゴールの森
キルト展は<オルガンホール>で開催中!
世界最大級の自動演奏オルゴールを備える
豪華で大きなホールの中に
ロシア各地の作家さんが製作した40点ほどのキルトや
布で作った昔ながらのお人形など
ロシアの”心”が伝わる作品が一堂に展示されています。
*開館日や詳しいアクセス情報などはHPをご確認ください。
河口湖オルゴールの森ホームページ

昨日は朝早く電車で出かけたのですが
山梨に入るころには車窓からは雄大な富士の姿が!
年の初めにこんな素敵な景色に恵まれ心が洗われました。
河口湖に着くと向こう岸に浮かぶ
雪をかぶり、すそ野まで一望できるすばらしい富士山♪
やっぱり日本人にとって富士山は特別ですね~。
ところが午後になり曇り出すと
富士山はすっかり雲に隠れてしまいました。
写真はキルト展が開催されている<オルゴール館>。
お天気が良ければこの後ろに大きな富士山がそびえています。
写真は「素敵!」と思った時に撮っておかないと後悔しますね。

こちらはマキシム・クリコフさんの
バラライカ演奏が行われた<ヒストリーホール>。
館内のあちこちにロシアと日本の旗がはためき
世界中で緊張関係が続く中
日本とロシアの交流の大切さが身に染みました。
タイミング悪く右端の日の丸が見えてないけど(笑)。

キルト展が行われている<オルガンホール>では
開催を祝うオープニングセレモニーが行われました。
在日本ロシア大使館付属学校に通う小、中、高校生による
ロシア民謡の合唱とダンスや
キルト作家さんたちの自作ドレスのファッションショーなど
豪華なホールに負けない素敵なセレモニーでした☆

実はいろいろ事情がありまして
ゆっくりキルト作品を見学することができませんでした。
このように大きな作品が沢山展示されてますので
これからお出かけされる方は
ぜひ時間を取ってじっくり堪能してくださいね!

昔ながらの手法で作られたハンドメイド・ドールたち。

巨大なオルガンの前には
ロシアと日本を代表する作家さんのキルト作品が
展示されています。
この二作はテーマや色合いを指示したわけではないのに
まるで一対の作品のよう。
それほど日本とロシアの心は近しいところにあるのではないか、
と解説されていました。


マキシム・クリコフさんのバラライカ奏者は
古いオルゴールを定期的に演奏する
こじんまりしたホールで行われました。
これがまた、すばらしい音響!
アコーディオンや歌などと一緒に
にぎやかなロシア民謡もステキですが
クリコフさんの手にかかると
バラライカ一本でもすごく聴きごたえがあります。
バラライカは弦が三本しかないのに
なんであんなに色々なメロディーが
いっぺんに聞こえてくるのでしょうねぇ?
それにしても酷い画像で申し訳ないです。
クリコフさんのフェイスブックページに
もっと良い写真が載ってるかも・・・

0 件のコメント: