2015年11月8日日曜日

キーロフの伝統小箱☆

革命家セルゲイ・キーロフの生地ということで
彼の死後、1934年からキーロフという名に改名された町は
それ以前はいずれも町を流れる大河に由来した
ヴャトカ、またそれ以前はフルイノフと呼ばれていました。
キーロフの町の中では今でもヴャトカという名を使う場面が多く、
モスクワのお友達たちに「キーロフまで行ってきたよ!」というと
「ああ、ヴャトカね」と言われることがたびたび。
また、フルイノフの時代には大きなクレムリン(城壁)もあり
現地では隆盛を誇ったこの時代を見直そうという
活動も見られました。
歴史や民芸文化の宝庫で小さな町ながら博物館が多く
約二日間の滞在ではまだまだ見逃したところもあるので
またぜひ訪れたいな~と思っています。

今回、マトリョーシカの産地の一つということから
出張先の候補に挙げたキーロフですが
調べてみるといろいろ特色を持った民芸があることが分かり、
行ってみよう!と思わせてくれた工芸品の一つがコレ!
螺鈿飾りの技術を使ったワラ細工の小箱と
ワラを編み込んで作る小箱です。
なんともロマンチックなデザインじゃないですか!
ワラ飾りが日に当たるとキラキラしてとてもステキなんです♪



ウッドバーニングに明るいお花模様を描いた小箱も☆



5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

キーロフの旧友からの伝言ということで、わざわざお手紙頂きました。ありがとうございます。近々来店する予定です。栃木在住者より。

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

匿名さま
コメントいただきありがとうございます。
メールアドレスを書き忘れてしまってすみません。
ご来店いただけるとのことでお手数をおかけして申し訳ありません。
諸々伝言がございますのでお会いできるのを楽しみにしております。
それにしても出会いとは不思議なものですね!

よしのり さんのコメント...

明日にも来店予定しています。都内に通勤しています。

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

よしのり様、
都内にご通勤されているのですね!
それではご来店お待ちしております。

よしのり さんのコメント...

よろしくお願いします。