2018年6月6日水曜日

ソ連時代のバッヂ☆

『ロシア東欧フェア』
場所:名古屋タカシマヤ 10階催会場
   各線「名古屋」駅直結
日にち:6月14日(木)~19日(火)
暮らしのSTORE展」のお隣です~♪
6月イベント予告ページ
https://www.jr-takashimaya.co.jp/event_yokoku/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名古屋への準備も大詰めになってきました!
なんとか間に合いそうでやっと一息つきました。
そして店内を見回してみれば、すっからかんに(笑)
今日、明日で店内の方もすっきりディスプレイしますので
もうちょっとだけ温かく見守って下さい。。。

で、4月に買い付けてきたソ連バッヂに着手しました。
いつも仕入れさせてもらってるおじさんによると
一部のジャンルについて値上げ率が激しいとのこと。
特に宇宙関係は2年ほど前からじわじわと
「高いよ」と言われていたのですが
いよいよ今回、ドカッと値上がりしていました。
計算がめんどくさくて後回しにしてたのですが
自分でメモした価格表が全然読めないので(笑)
とりあえず今回はお値段据え置きでのご案内です~。

レーニン☆

「アエロフロート」シリーズ。
アエロフロートといえば現在でもブランドが存在する
ソ連国営航空会社ですが
ヘリコプターなんかも運航していたんですね!
”バッヂのおじさん”はソ連時代には
各地のウランを探査することを生業にしていたのですが
シベリアの大草原や雪原のど真ん中に行くときは
こういったヘリコプターを利用したんだそうです。

こちらは戦闘機シリーズ。

宇宙シリーズは少しだけ。

今回は何だかおじさんと乗り物の話しで盛り上がって。
こちらはいろいろな”車”。

そんでもって、何と!ソ連時代に
「ソ連のF1」というスポーツカーの大会が
開かれていたんだそうです。
左の「エストニア3号」をしみじみ眺めて
「この車、すっごく早かったんだよ~」と、
バッヂのおじさんが言ってました。
よく、ロシアのお友だち達から
「ソ連時代は何でも自分たちで作ってたんだよ。
洗濯機だって、テレビだって、車だって。
それが今じゃ、何でも輸入だからね…」と聞きます。
スポーツカーを作れるほどの技術まであったとは、
ソ連時代の技術力、侮れません!

サッカーボールのバッヂは「FCモスクワ・トルペド」。
「聞いたことないんですけど~、今でもあるの?」
と聞いたら
「あるに決まってるだろ、強かったんだぞ!」と。
半信半疑で先ほどWikiってみました。
すると、ソ連リーグ時代には3度の優勝を誇る強豪で
現在も健在とのこと。
とはいえロシアリーグになってからは低迷が続き、
1部、2部リーグを行ったり来たりって感じのようです。
(ロシアのトップは「プレミアリーグ」なので
実質は2部、3部)
アイススケート靴のバッヂは
何かのユース大会の参加者に配られたものかな、
とのことでした。
そんなこんなで、バッヂのおじさんとのひと時は
店主の勉強の場であり、癒しの場なのです♪

0 件のコメント: