2008年9月26日金曜日

ホフロマ塗り

今日はホフロマ塗りをご紹介いたします。
18世紀初頭、ボルガ川支流のホフロマ村で誕生しました。
黒、金、赤を基調に絵付けをした後、漆が塗られています。
一見飾り物のように見えますが、体に無害の材料で絵付けされており
熱にも強いので日常の食器としてご利用いただけます。

ホフロマ塗りの柄はいろいろなものに活用されていて
ロシア人にとっても愛されています。

車もホフロマ!




Posted by Picasa

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

すごい!ホフロマ塗りの車、そういう発想に仰天します(笑)。

私も、ホフロマ塗りのものを二、三、持っていまして、ブローチはよく使いますが、スプーンなどはもったいなくて、甘納豆をすくうぐらいです。しかし、以前、テレビで、ロシアの学校給食にホフロマ塗りらしき食器が使われているのを見て、あのような【豊かさ】こそ、人の心を育てるような気がしました。