2008年10月24日金曜日

「古本海ねこ」さま

さてさて、今回はネットショップ「古本海ねこ」さんを
ご紹介いたします。
本当に、とってもお世話になっております。
前職の時にロシアの絵本などを販売して頂きました。
私が勤めていたのは”ロシア語”の本屋なので基本的に
ロシア語が読める方でないとお客様になっていただくのは
難しいことでした。
故社長が私に命じたのは
「ロシア語を読めない層への顧客の拡大」でした。
あれこれと調べてロシア語の本を扱ってくれそうなお店を探しました。
そんな時「海ねこ」さんからお電話をいただき、今につながる
お付き合いが始まりました。

特に「イワン・ビリビン画集」については
おかげさまでよく売れました。
絵本や美術書に関しては、もちろん言葉も大切ですが
デザインや挿絵がとても重要なのだと改めて学びました。

桜が満開のころ神保町で会って以来、開店後まだお会いしていないので
そのうちに阿佐ヶ谷で、呑みながらいろいろお話ししたいなぁ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

わあー、ご紹介いただき、ありがとうございます。あれやこれや、お世話になりまして、本当にありがとうございました。いろいろ教えていただき、いろいろご対応いただきまして、完璧なお仕事ぶりでした! まもなく買付にいらっしゃるのですね。いつかロシアの古い絵本、独自の視点で仕入れてきてお店に並べてくださらないかなあ、見てみたいなあ(夢)。お忙しいとは存じますが、お目にかかれる日を楽しみにしております。呑みましょうね。

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

海ねこさま
「古書」はロシアでは「アンティーク」とみなすので、年代物の絵本は高値の花なんですよね~。「ほ、欲しい!ごっくん。しかし、高い!」なんて思いをするのですよ。
でも、いつか一緒にモスクワに行って絵本を買い付けて、「ロシア絵本展覧会」なんてやりたいですね~。
なーんて夢を語りながら呑みましょ!