2008年12月14日日曜日

プラトーク

プラトークとはロシア語でショールやスカーフのことです。
ハンカチなども含めることがあります。

今回パルクに入荷したのはモスクワ郊外、
パブロフスキー・ポサードという町で製作された工場直営店から
直輸入したプラトークです。

この工場の創業は1795年ですから、とても歴史ある工場です。
観光地では粗悪品も多いですが、この製品は全然違います!
100%ウールの生地は軽くてやわらかく、ふわりと一枚肩にかけると
品質の良さがお分かりいただけると思います。
丁寧に手で編まれたフリンジもさらさらと気持ち良いです。
プリントはロシア伝統の柄をモチーフに現代デザイナーが
デザインした工場オリジナルのものです。

今の季節にマフラー代わりにいかがでしょう!
また、夏にこそプラトークは大活躍します。
軽くてほんわかと温かいので、クーラーで冷え切る電車の中や
オフィスや映画館、コンサートや劇場にお出かけの時、
カバンに一枚入れておくととっても便利ですよ♪

125x125cm(ウールのフリンジ付) 9,450円
89x89cm(ウールのフリンジ付) 6,300円
72x72cm(フリンジなし) 4,200円 

Posted by Picasa

2 件のコメント:

ごんちゃん さんのコメント...

すごい!
今度はプラトークも!
早くお店に遊びに行きたいよぉ~。
一人で連れて歩くにはアカゴはまだ小さすぎて・・・。
阿佐ヶ谷には友達もいるし、色々美味しいし、七夕祭りきれいだし、意外と身近なのよ。
そしてパルクも出来て楽しみが更にアップだわ!
ヨールカもとってもきれい!
寒さが厳しくなってきたから、体に気を付けてね!
ごっつんぶつけやさんのごんちゃんでした。

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

ごんちゃん
きれいでしょ~♪
ぜひぜひ落ち着いたらロシアンな気分にひたりに来てね!
来年の七夕祭りころにはお会いできるかしらねぇ。。。