2009年1月16日金曜日

アルハンゲリスクの刺繍クロス

昨年11月にモスクワで仕入れてきました。

アルハンゲリスクはロシア北西の白海に面する都市です。
1703年サンクト・ペテルブルグが開かれるまではロシア唯一の
海港として栄えました。
第二次世界大戦後は軍事機密都市となりソビエト崩壊までは
閉鎖都市でした。

外国から長く閉鎖されていたからでしょうか。
この地方には独特の刺繍や民芸品が残っています。
木製の民芸品には象形文字のような不思議な文様が描かれ、
麻リネンには素朴なお花の模様が刺繍されています。


Posted by Picasa

2 件のコメント:

ごんちゃん さんのコメント...

うわ~、すごくステキ!
刺繍もそうだけど、私は布地の色合いが好き。とってもシンプルな色だよね。
だから刺繍がすごく映える!
続々と色々な物が登場してくるね。
早く遊びに行きたいなぁ。

ごんちゃん

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

ごんちゃん!
ね~♪
私も好きで、お土産度が一番高いかも。軽いし、花瓶敷きとかティーマットに使えるし、喜ばれるからね。
ロシア話できるのを楽しみにしているよ!