2012年1月10日火曜日

ロシアの積み木

ロシア民話「おおきなかぶ」は
日本では小学生の時に教科書で読んだり
彫刻家、佐藤忠良の挿絵が印象的な福音館発行の絵本などで
なじみ深いお話です。
日本の昔話だと思っている方も少なくないようです。

ロシアでももちろんとっても人気のあるお話しなので
いろいろなものにテーマが用いられています。
今回とってもかわいい積み木が入荷しました。
カブからネズミまでマジックテープでつなぐ仕掛けになっています。
同じく「おおきなかぶ」のマトリョーシカと並べてみました。
「うんとこしょ、どっこいしょ」とおじいさんたちが一生懸命
おおきなかぶを引っこ抜いている場面がどちらも楽しげです♪



Posted by Picasa

積み木シリーズは他に「おだんごぱん」と「マーシャとくま」があります。

0 件のコメント: