2012年1月21日土曜日

ロシアのこと、もっと知ろう!

2010年6月発行のユーラシア・ブックレット№154
「チェブラーシカ」がしばらくぶりに再入荷しました。
日本ではキャラクターとして人気が定着してきましたね。
原作は50年ほども前にエドワルド・ウスペンスキーによって
書かれた子供向けのお話です。
1969年にパペットアニメーション化され
今のチェブラーシカのイメージが定着しました。
このアニメーションのお話には日本人には分かりにくい
ソ連時代特有のエピソードがたくさん隠されています。
大人が観ても不思議とじんとくるストーリーには
一つ一つの言葉や場面に秘められたメッセージがあるのです。
まだこのブックレットを読んでいない方は
ぜひ一読してから改めてチェブラーシカの世界を
のぞいてみて下さいね。




Posted by Picasa
こちらは新刊「ロシア文化の方舟」
実はこの本をご紹介したくて東洋書店さまに
久しぶりに入荷をお願いしたのでした。
ソ連崩壊から20年。
ソビエト連邦という「国」があったということを
知らない方も増えて来たのではないでしょうか。
この本では「ソ連があったことを知らない」、
「あったことを覚えている」、「あったことを知っている」、
という三世代の溝を広く身近なテーマで埋めてくれます。
最近ではニュースを観ていても米中どちらにつくのか?
などと独立国家とは思えない日本の現状に
鬱蒼とした気分になりますが
もう一つの大国であり隣国であるロシアを知ることで
日本の立ち位置を考えるきっかけになるのでは
ないでしょうか。
東洋書店ホームページ




Posted by Picasa

0 件のコメント: