2014年12月25日木曜日

ロシア買付け☆トレチャコフ美術館

今回、ちょっと時間を作って10年ぶり(くらい)に
トレチャコフ美術館に行ってみようと計画しました。
ロシア絵画を中心としたこの美術館は
成り立ちから建築、インテリアなど全てにおいて私の好物なんです♪

久しぶりのトレチャコフに大興奮!

存分に写真を撮ってさて列に並ぼうとしたら
門の前で数人が足止めされています。
なんと、その数分の間に館内の安全のため
入場人数制限が始まってしまったのです。がーん!
実は私が訪れたのは秋の連休の真っ最中で
家族連れや学生グループでどこも観光地は大混雑。
とくに劇場、博物館などは学術指導の一環として
沢山の学生グループが事前予約を入れていて一般客は後まわし。
ぜんぜん列が進みません。
40分ほど待たされてやっと館内に入ったところ
クロークやチケット売り場も長蛇の列だったので
残念ですがミュージアムショップでお買いものだけして出てきました。

30分ほどして出てきたら列がこんなに伸びていました。

せっかく地下鉄に乗ってここまで出てきて
何もせず家に帰るのはもったいないので
途中気になった看板が出ていた
小さなミュージアムに寄って行きました。

ロシア最後の皇帝、ニコライ二世をテーマにした
パーベル・リィジェンコという画家の個展です。
パーベルさんにご興味のある方はこちらのサイトをご覧ください。

館内に入りコレクションを見学して分かったのですが
この建物は国家事業としてモスクワの歴史的建物を
修復、保存するフォンドの一環として復活したギャラリーとのこと。
タブレットが設置されていて誰でもその修復の過程を
観ることができます。
絵画も大きな作品が多く迫力があり間近に観れたし
こじんまりとしたギャラリーのビフォー/アフターも知れて
とっても素敵なひと時を過ごしました。


入口のファサードも素敵です☆

トレチャコフ美術館を見学することはできませんでしたが
ちゃっかり買い付けはしてきましたよ!
有名どころ絵画のオリジナルグッズです。

こちらはポストカード。各150円です。

0 件のコメント: