2016年1月31日日曜日

マルガリータ先生特別講演会@早稲田大学

昨日は私用でお休みをいただき申し訳ありません。

店主は日ソ学院(現:東京ロシア語学院)の本科で学び、
その後、商社やロシア専門洋書店で務めた後
7年半前に現在のロシア雑貨店をオープンしました。
学院卒業以降なんとかロシア語を使って仕事ができているのは
三年間の学院生活、特にロシア人の先生方のおかげです。
学生の時は毎日バイトに明け暮れ
予習、復習もまともについていけてなかったのですが
社会に出て、ロシア人と接する場面では
よく「発音がイイネ!」と褒められました。
なんせ単語数が乏しいのでまともな通訳ができず
仕事になっていたかは怪しいのですが・・・(笑)

昨日早稲田大学で特別講演会が行われた
マルガリータ冨田先生は私が学院3年生の時に
ロシア語会話を教わった先生です。
今年度で仕事を辞めモスクワへ帰国されるとのことで
これが日本での最終講義となりました。
20数年ぶりのマルガリータ先生の授業では
外国語としてのロシア語教授についてお話ししてくれました。
特に日本人にありがちな対格と与格を間違う場面、
ДがДЗになってしまう、СがШになってしまうという
間違えやすい発音など。
そして発音は一度覚えてしまうと直すことはとても難しく
初期の段階で何度も練習することが大切とのこと。
私はРの巻き舌が未だにできないし、
ВとБの区別もあいまい(下唇を噛むのって慣れない・・・)。
そんな私ですが今の仕事でロシア人と話す機会がますます増え
「ロシアに住んでいるの?とても発音が上手よ!」と
言ってもらえることが多いのです。
自慢できるほど勉強した自信はないので
きっと学院の先生方、特にロシア人の先生方が
どれほど身になる授業をしてくれていたのか
今になって本当に感謝しています。

マルガリータ先生はモスクワ生まれのモスクワ育ち。
今度はモスクワで先生に会い、
たくさんモスクワの話が聞けたらうれしいな~と思っています。


0 件のコメント: