2011年12月23日金曜日

モスクワ(ネコ、イヌ編)

今回モスクワではほとんど毎日ネコかイヌとの交流がありました。
実は動物が苦手なワタクシなのですがロシアでは割と平気。
なぜかというと、ロシア人は自分で飼っている動物に対して
責任感が強くて、私が怖がっているのが分かると
ちゃんとネコやイヌを見ていてくれるんです。
特にイヌの扱い方の分からない私に「ここをなでると喜ぶよ」とか
吠えたり、私に乗っかってくる時にはちゃんと叱ってくれます。
そうすると不思議とイヌの方も私になついてくるんですよね・・・

このコは注文しておいた木のおもちゃを買いに行った
ネットショップの事務所入り口でどどーんと道をふさぐネコちゃん。
写真を撮った時はこの姿でしたが
事務所に着いた時には両手両足を横に広げて
廊下一杯に寝転がっていてネコ苦手の私は右往左往しました。








Posted by Picasa
こちらはマトリョーシカ作家ダロフェエワさん家のネコちゃん。
上の男の子はすっごく人懐こくて、この私でさえ
なでなでしちゃいました。
さりげなく横に座ってきて、背中をなでてあげたら
気持ちよさそうに目をつむるんですよ~♪
下の女の子はもうおばあちゃんなので
とっても落ち着いていていつもソファーでゴロゴロしてます。








Posted by Picasa






Posted by Picasa
こちらは昨日ご紹介したエレーナ・ウバロワさん家のネコとイヌ。
以前ご紹介した写真でスミマセン。
今回もワンちゃんにはがっつり吠えられ
ネコちゃんにはフワフワのお腹を触らせてもらいました。






Posted by Picasa




Posted by Picasa
このコはお友達の家のワンコ。
ゴムボールを持ってきてこちらを見つめる。
イヌの扱いのまったくわからない私は「?」と思っていたら
友達が「投げろって言ってるんだよ」と。
ひょいと投げたらダッと走って、ダッともっどって来て
「もっと、もっとーーー!」と催促の嵐。
その後何度ゴムボールを投げさせられたことか。
きっと友達だと思ってもらえたのかな?




Posted by Picasa

0 件のコメント: