2016年6月16日木曜日

ロシア買い付けの旅☆ロストフ・ベリーキーへ~③

今日はイベントの説明会に出席するため
16:00までの営業となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご報告したいことが続いたのでぶつ切りになっちゃってますが
ロシア出張レポートの続きです~!

ーーーーーーーーーーーーー

ロストフ・ベリーキーは年代記に862年には登場するという
ロシアで最も古い町のひとつ。
50万年以上前からあったとされるネロ湖岸に位置し
政治的にも交易、宗教的にも古くから重要な都市でしたが
現在は人口3万人少しののんびりした趣ある町です。

ロストフの町のランドマーク、クレムリン(城壁)。

城壁をくぐって教会広場までは無料で自由に出入りできます。
左に建っているのがウスペンスキー教会。
1508-1512年に建てられた
ロストフに現存する最も古い建物です。

内部は足場が組まれ大規模な修復が行われていました。

修復が完了した一面。
天井の丸屋根までびっちりイコンが描かれています。

教会広場に建つもう一つの名物、1682年建立の鐘楼です。

狭ーい階段を上って見晴台へ。
人がすれ違うことができないので上る人も下る人も
声をかけながらけっこうワイワイ楽しんでます。

すごいでしょ~!苦労して上る価値ありです♪
15個ある鐘はすべて創建当初のものだそうです。

人を写すのは気が引けるのですがちょっと後姿を失敬。
鐘の大きさがお分かりいただけますでしょうか?
朝に夕に、とっても美しい鐘の多重奏が
古都ロストフの町に響き渡ります。

そして府主教エリアへの入り口、キリスト復活教会。

0 件のコメント: