2016年6月30日木曜日

今頃ですが、字幕屋太田直子さんによせて。

ロシア買い付けのことをブログに書くため
いろいろネットで情報収集していて先ほど知りました。

ロシア、ソ連映画の作品をたくさん手掛けてますが
「ボディーガード」などのベタなハリウッド映画の字幕もこなす
太田直子さんが今年1月に亡くなっていました。

5年ほど前、お客様のご紹介で始めてお目にかかったときは
感激しちゃいました。
店主はロシア語学院卒業後、商社に就職した後
「もっとロシア語をものにしたいな~」と留学を試みるのですが
実はロシア映画の字幕翻訳家になりたかったのです。
結局のところどうやって勉強したらよいかも分からず
会社を辞めたものの一か月ほどしか留学できない資金しかなく
いつの間にかそんな夢を持っていたことも忘れていました。
ソ連、ロシア映画を何本か観たことがある方なら
「太田直子」さんの名前は何度も目にしていると思います。
その、あこがれの方とお知り合いになれるとは!

お忙しい仕事の合間をぬって年に一、二度、
お母様やお友達への贈り物にとロシア雑貨を選びに
パルクに遊びに来てくださいました。
その度に私のロシア出張の話を聞いてくれたり
手掛けている作品のエピソードを聞かせてもらったり
どれだけあっても足りないような時間を過ごさせてもらいました。

昨年はアレクセイ・ゲルマン監督「神々のたそがれ」が公開され
太田さんの秀逸な字幕にほれぼれしました!
これに合わせて秋には渋谷ユーロスペースで
ゲルマン監督特集が開催されたので
ずっと見そびれていた「フルスタリョフ、車を!」を鑑賞。
字幕翻訳や内容で「?」なところをメールさせてもらいました。
体調を崩されていたので心配していたのですが
「またお店に行きますね~」とお返事いただき
今度会うときは何を聞こうかな~、と楽しみにしていたのです。

不思議なもので、今年1月に亡くなったと知る
ほんのさっきまでは私の中で太田さんは生きていて
「一緒に観に行きたいお芝居が秋にあるけど
いつごろメールしてみようかな?」と思っていたのです。
ゲルマン監督の世界と太田さんのキャラクターが一緒くたになって
なんだかけむに巻かれたような気持でいます。。。

たくさんの難解なソ連、ロシア映画を
理解できるように翻訳してくれてありがとう!
ご冥福をお祈りしております。





4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

立場上、あまり大きな声では言えませんが、ロシア語に日本語字幕をつけることのできる人で、唯一信頼の置ける人でした。一度だけ、太田さんのつけられた字幕を監修するという仕事が入って、大変恐縮した記憶があります。ご冥福をお祈りします。

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

匿名さま、
ご本人はとっても気さくで謙虚な方でしたので他の人の手や眼が入ることは心強く思うことはあっても嫌な気持ちになる方ではなかったと思います。
聞きたいことや教えてほしいことがまだまだありましたので残念でなりません。。。

sai inakazu さんのコメント...

今日の東京新聞朝刊で、太田直子さんの「字幕屋の気になる日本語」の出版広告が出ており、その末尾に「遺稿集」とあり、びっくりしました。彼女の死亡記事の報道をどこにも見たことがなかったもので。それも、今年の1月に亡くなられていたとは。あわてて、ネットで探しましたが、それを知らせる記事もほとんどなく、こちらにたどり着き、ひと言ご挨拶することにしました。ロシア語通訳で文筆家の米原万里さんも10年前に57歳で逝き、太田直子さんもほぼ同じ年齢で。ロシアと深く関わり、毒舌とユーモア、人間への深い洞察と愛をもった二人の早い死に、残念な気持ちが一杯ですが、失礼ですがなぜか「かっこいいなー」という感情もわき上がってきます。早くに亡くなった分、お二人の残した作品(本、映画)は、今後長く人々に愛されていくでしょう。事実、米原万里さんの作品は、没後に韓国語に翻訳され(19冊)、熱心なファンを獲得しているそうです。太田直子さんの本は全て読みましたが、これから翻訳された名作も見ていきたいと思います。では。

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

saiさま、
コメントを頂きありがとうございます。
私も太田さんのエッセーをネットで以前から愛読していて実際にお会いしたらその人柄と率直な言い回しに魅了されました。
お二人とも、もっともっと作品を世に出して欲してファンを楽しませて欲しかったですね。