2017年11月15日水曜日

ロシア買い付けの旅③☆ニジニ・ノブゴロド~W杯2018

来年6月にロシア各地で開催されるサッカーワールド杯。
ロシア第4の都市、ニジニ・ノブゴロドも開催地に選ばれ
着々と準備が進んでいます。
会場となるスタジアムはモスクワ駅から歩くと
30分以上はかかりそうなボルガ川沿いに新築中。
現在、利便性を考え地下鉄を一駅延ばす工事をしているそう。
ワールド杯は街に大きな変化をもたらしそうです。

ボルガ川沿いの名所、チカロフ大階段下に
ワールド杯のフラッグが立っていました。
なにか式典があったのかな?



チカロフ大階段上に建つチカロフの像からは
ボルガ川とオカ川が交流する迫力ある絶景が望め、
いつも観光客でいっぱい。
そのちょうど反対岸に新スタジアムがお目見えします。

優勝カップがロシア各地を巡回するスケジュールを
なぜかお天気おじさんがご紹介。

3年半前に利用した空港は現在こんな風に利用中。
昨年、すぐ隣に新ターミナルができました。

じゃーん!
これもワールド杯効果でしょうか?
空港内のインフォメーション裏はこんな感じ。

待ち合いスペースには大きなマトリョーシカのオブジェが。

「2016年3月、
ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンによって
ストリギノ新国際ターミナル開港」

0 件のコメント: