2020年2月13日木曜日

『ブルガリアフェア』トロヤン陶器☆②

世界の食、文化、ファッション等を紹介する番組、
NHK総合「世界はほしいモノにあふれてる」。
10月24日に放送された
世界の台所探検 ウィーン・ブルガリア」の回では
クックパッドのバイヤーさんが登場し、
「レシピの買い付け」をご紹介しました。
(店主はちょうどロシアへ買い付けに行ってたので
見逃したのですが・・・)
ヨーロッパでは農業、酪農国として有名なブルガリア、
ヨーグルト、バター、チーズを包んだパンのレシピや
ハーブの生産量ヨーロッパ1位を誇る国ならではの
オリジナルブレンドのハーブを使ったサンドイッチなど
素朴で美味しいお料理が紹介されました。
そんな中で注目されたのが、
お料理を引き立てる器、トロヤン陶器です!
厚手で素朴な焼き物は一つ一つ手作り。
焼きの収縮具合や釉薬の色の出方などにばらつきがあり
まさに一点物の味わいが特徴的です。


ブルガリア産ダマスクローズの花びらジャムを
紅茶に入れて香りを楽しんだり、
お湯で溶いてホットローズウォーターにしたり
甘く芳醇な香りにほっと一息できます♪


こちらは一人前のお料理に丁度良い大きさのギュベジ鍋。
ウィキってみたらギュベジとはトルコ語で「鍋」
という意味だそうです。
トルコやブルガリア、ルーマニアなどの東欧諸国で
総じて肉や野菜をオーブンや直火で煮込んだ
シチュー料理を示すようです。
こちらのブルガリア製トロヤン陶器は
オーブンやレンジ、弱火の直火調理が可能なので
店主は”もう一品”に困ったときに
下茹でしたジャガイモやブロッコリー、トマトなど入れて
ホットサラダにしてとっても重宝してます♪

グリーン系で揃えたトロヤン陶器。
スープ壺、ギュベジ鍋、お皿(小サイズ)、
ボウル(中、小サイズ)とワインカップ。
ワインカップは湯飲みに丁度良いサイズですよ!
ロシアで昔ながらのペチカ(暖炉)で調理した
キノコスープをごちそうになったときにも
ブルガリアのトロヤン陶器のようなスープ壺が。

厚手で保温性の高いスープ壺は時間が経っても熱々。

0 件のコメント: