2020年11月15日日曜日

ロシアのサウナハット入荷しました☆

春の買付(行けていれば)で仕入れたかった物の一つ、
サウナハットが入荷しました!
去年から調べて手ごろに買えるお店をやっと見つけて
「よーし、色々なバーニャハット買ってこよー!」
って、思ってたんですよ・・・
近頃、巷では「サウナの本場、フィンランド」的な
特集を見かけるようになってきたので
いやいや、ロシアにもバーニャ文化があるんですよ、
と反撃したくてですね(笑)
どうしても仕入れたくて、モスクワのお友達に頼んで
現地の卸元みたいなとこで仕入れてもらったので
とりあえずデザインは4種にしぼってみました。

これー♡
ソビエト赤軍のシンボルの一つ、
ラシャの軍帽「ブジョーノフカ」をかたどった
フェルトのサウナハットです。

えっと、フェルト地がかなーりゴワゴワしてます。
藁?みたいなものや、毛?みたいなものが
けっこうごろごろ付いてます。
お肌よわよわな方や肌触りが気になる方は
店頭でご確認くださいね~。

こちらは「のっぽさん」タイプのサウナハット。
ブレジネフ同志がなんかした時の
「労働新聞」一面をデザインに用いてます。
渋い・・・!

女子サウナーの方々には
こんなデザインはいかがでしょ?

先日、テレビを観ていたらちょうどこんな企画が!
(『バナナサンド』(TBS)より画像を拝借)
ゲストの俳優、磯村勇斗さんが大好きなサウナの魅力を
サンドウィッチマンとバナナマンに紹介してました。
他の番組で磯村さんがゲスト出演した時、
高校生の時に地元の演劇研究所に所属していて
初舞台がチェーホフの「結婚申込み」だったと
思い出を語ってらっしゃいました。
ロシアとのご縁を感じずにはいられません!
いつか、ロシアのバーニャも体験して欲しいですね~
このハットはこーゆー体型が似合うのよね(笑)


0 件のコメント: