2009年2月11日水曜日

グジェリのティーカップ

久しぶりにグジェリ陶器をご紹介したいと思います。

古くからのロシアの民芸品は発祥地の名前そのものが
使われることが多いです。

◎ホフロマ(村)
ボルガ川流域にあった古い村の名前から
◎ドゥイムコヴォ(村)
素朴な焼の土人形
◎パレフ、フェドスキノ、ムスチョーラ、ホールイ(村)
イコン画から伝統を引き継ぐミニアチュール
・・・などなど。
古い村の名前が(”風”も含めて)そのまま商品名を指すことが多いです。

グジェリ村周辺では古代から焼き物に適した土があったということで
とっても古い歴史を持っています。
また、ソ連時代、崩壊後も伝統と技術を守ってきた職人たちには
大変な苦労があったようです。

ご興味のある方はこちらの冊子に詳しいのでご一読を。
ユーラシア・ブックレットNo.106「ロシア陶磁器グジェーリ」


Posted by Picasa
★明日、2月12日は12:30に開店いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

2 件のコメント:

ごんちゃん さんのコメント...

うわ~、グジェリのティーセットとってもステキ!
置物しか知らなかった、私。
こんなステキなのがあるんだね。
お祝いとかにいいね。
形もいいな~。
置物もお店においてあるの?

ロシア雑貨店パルク さんのコメント...

ごんちゃん
今は鳥とか魚のフィギュアしかないよ~。
グジェリは仕入れているところが少なくて、自分で行ったときに買っても重さがかさばってしまうのでね。郵便で送ると破損の心配と送料を考えるととっても高額になってしまうのよ!
難しいね~。。。