2012年5月13日日曜日

《スバボーダ》工場

《スバボーダ》工場の前身《パレ&Co.》社は1843年
モスクワの商人アルフォンス・アントーノヴィチ・パレによって創設。
これはロシアで初めての香水製造会社となった。
最初は小さな工場だったが品質の良さから国内外で評判を呼び
1899年にはモスクワに大きな工場を建設、
またロシア南部に香水の原料となる精油を確保するための
プランテーションを作る。
それまでは外国からの輸入に頼っていた原料を
国内で供給することで品質と生産量が安定し
ロシア全土、またフランスやドイツにも輸出する人気商品となり
1878年と1900年のパリ万博では賞を獲得、
ロシアでも数々の賞を得、ロシア皇室御用達店となる。
ロシア革命後、1917年より国営化され
《第4国営石けん製造工場》と名称を変更。
1920年代、番号を付けただけの工場名を変更するよう
数社の代表者が集まってソ連政府に請願書を提出、
これが受け入れられ《スバボーダ(自由)》工場が誕生し
同名の香水は当時の流行となった。
1930年、製造工場の専門化が進められ《スバボーダ》工場の
香水部門は《ノーバヤ・ザリャー(新しい夜明け)》工場に吸収、
モスクワで使用される石けん全ての製造を
《スバボーダ》工場で請け負うこととなる。
第二次世界大戦時は工場の一部はモスクワから疎開させ
軍需用品の生産も行った。
戦後は石けん、歯磨き粉、クリームなどの衛生製品の種類を増やし
ソ連を代表する工場の一つとなる。
ソ連崩壊後はロシアを代表する企業として成長し
2008年には創立165周年を迎えた。
《スバボーダ》工場 ホームページより(ロシア語)




Posted by Picasa
工場横にある付属店舗にはたくさんのおじさん、おばさんが
買い物に来ていました。
スーパーで買うよりも少し安く、なにより全商品が並んでいるので
お気に入りを確実にゲットすることができます!


Posted by Picasa

0 件のコメント: