2013年12月17日火曜日

アンナ・リャボワさん

「市場の中は慌ただしいからお仕事が終わったら
落ち着いたところで作品見せて」とお願いして以来
仕事後に一緒に飲むビールも楽しみなアーニャさん。
寒い市場から一刻も早く暖かいカフェに行きたくて
ブースいっぱいに広げた作品を片付けるのを手伝って、
古書を扱うご主人のお店の片付けも手伝って、
一生懸命体を動かした後の一杯は格別なんです!

アーニャさんとご主人のミーシャさん。
ミーシャさんのお店にソビエト時代の日本語テキストがあったので
急きょカフェにて日本語のお勉強。
最初に出てきた単語は「赤い」でした。。。(笑)
(ちなみにその次は「今日」)






10ピースマトリョーシカ。タイトルは『おもちゃ』。

5ピースマトリョーシカはあと5つです。

アーニャさんの作品には二通りあります。
一つは完全オリジナルの一点もの。
もう一つは昔からあるマトリョーシカのデザインを使って
少し安価に製作しているもの。
お客さんの幅を広げようとデザイン的に、価格的に、
いろいろと試作しているそうです。




0 件のコメント: